Practice

Practice02-3.立ちふさがる「2025年の崖」に向き合う

PracticeDX推進の実用書

SHARE

日本企業のデジタル変革を阻む「2025年の崖」。

崖を超えない限りは、既存モデルの改革たるデジタルインテグレーションは実現できない。

レガシー刷新を成功に導くための行動指針、そして守りから攻めに転じるためのヒントを提示する。

デジタルインテグレーションへの到達を阻害する「2025年の崖」

 DXは民間企業だけの課題ではなく、経済産業省はMETI DXと題して政策提言を行っている。2018年に発表した「DXレポート~ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開~」(以下、DXレポート)は、その課題の具体性と緊急性の高さから、大きな衝撃とともに注目を集めた。

 DXレポートの主題となっている「2025年の崖」は、既存システムが老朽化・肥大化・ブラックボックス化しているレガシー問題と、DXを実現するためのデータ活用の問題を大きく取り上げており、2025年以降になると年間最大12兆円の経済損失が生じる可能性があると指摘する。これは2018年時点と比べ、約3倍の損失額という計算になる。

 稼働期間が20年を超えた基幹系システムがレガシーと呼称されるが、経産省は2025年になるとこのレガシーシステムの割合が国内企業の6割を超えるとし、システム刷新を集中的に推進しなければならないと警鐘を鳴らしている。

 DXを実現しようとする企業では「攻めのIT」にも注力が必要であり、守りと攻め各々にかける予算を6対4にすることが望ましいとされる。現在は多くの企業が「攻めのIT」にかける予算をなんとか捻出している状況にある。しかし、長い目で見ると「守りのIT」にかける予算を大幅に削ぎ落とさなければ、投資原資が底を尽きかねない。そのためにもレガシーシステムを刷新することは急務なのだ。

 「2025年の崖」で指摘されている問題は、ベイカレントがDXにおける重要なマイルストーンと位置付ける「デジタルインテグレーション」を実現するためにも無視できないものなのだ。なぜならば、既存モデルを変革するレベルに到達する2ステップ目のデジタルインテグレーションは、基幹システムに外部のデジタル要素を融合(インテグレート)していくことになるため、レガシー化したシステムの刷新を済ませておく必要があるからだ。

レガシー刷新を阻む様々な障壁

 レガシーシステムを刷新しなければ、老朽化、肥大化、ブラックボックス化といった問題を抱えたまま、システムのお守りをすることになる。

 しかし、問題を抱えたレガシーシステムを刷新することはその困難さゆえに、多くの企業が頭を抱えている。まずは刷新プロジェクトにはどんな障壁があるのかをあらかじめ整理しておくことが肝要だ。

 複雑な基幹システムを刷新するには多くの時間とコストが必要となる。世の中の事例を見ても5年以上の期間や数百億円以上のコストをかけている企業は多いが、その中には頓挫した事例や、当初想定していた期間を大幅に延伸しなければなくなった事例もある。

 なにゆえシステムの刷新は、このように難しいのだろうか。そこにはヒト・モノ(システム)・カネに加えて“リスク”の障壁も存在する。

障壁となる事項を整理し、必要な対策を練って挑まなければ、崖を越えられる日は来ないであろう。

  • 膨大なコストを許容できないカネの障壁

 レア機能まで含めて丸ごと刷新しようとすると、膨大なコストがかかることは必然だ。コストを削ぎ落とすという観点では、ノンコアな機能をどこまで担保するかはよく考えたほうがよい。数か月に1度しか使わない機能であれば、断捨離することも必要だろう。

 費用対効果を求めすぎてしまうことも懸念材料だ。レガシー刷新は、直近のリスク回避や将来の「攻めのIT」に対する準備という目的もあるため、定量的な効果だけでは判断できないことが多い。にもかかわらず、目に見える効果に見合った投資額、つまり社内で納得してもらえる費用感までコストの削減を迫られた結果、実現性の乏しい刷新計画を作ってしまう場合もある。その結果、後工程で重大なひずみが生じ、当初の想定以上のコストをもって挽回することになるかもしれない。

  • IT人材の能力不足が露呈しているヒトの障壁

 設計能力を持った人材は明らかに不足している。若手を始めとする基幹システムを1からつくった経験のない人材は、システム全体を俯瞰して見ることが難しいため、レガシー刷新において重要なグランドデザインを描く能力を備えているとは言い難い。大規模プロジェクト特有のマルチベンダー体制を束ねるための、マネジメント能力を持った人材が不足していることも問題だ。

 社内で適任者が揃わない場合は、外部人材の採用も考えた方が良い。

  • 現行踏襲という魔の言葉に踊らされるシステムの障壁

 発生頻度の低いレアな業務まで現行通りの仕様を追求すると、複雑化したあらゆる業務を漏れなく設計・構築するはめになり、膨大な追加工数が発生する。事業部門と合意を取りながら刷新する機能を削っていくことも、成功における重要なポイントだ。

 現行ドキュメントがないという問題に対して、バカ正直にプログラムから現行調査を始めると、途方もない工数がかかる。正しくドキュメント化できる保証がないのであれば、新たに1から設計する考えも必要だ。

  • 経営層の決意をにぶらせるリスクの障壁

 リスクの高いレガシー刷新プロジェクトにあえて取り組むよりは、今まで通りのhほうが得策と考えてしまうことも多い。しかし、レガシー刷新のリスクが消えることはないため、不退転の覚悟を持って進めなければならない。

 リスクにとらわれた考えは、新しいビジネスを創出する際の足かせとなって自由を奪ってしまう。スピード感のあるビジネスをするためには、昔ながらのシステムでは間に合わない。レガシーシステムを作り替えることは必須と心得ることが重要だ。

  

 迫りくる障壁を整理し、必要な対策を盛り込んだプロジェクトを立ち上げる。そのうえで、次なる一手はどう進めればよいか。押さえておくべきポイントを次に見ていきたい。

レガシー刷新を成功に導くポイント

 必要な対策を盛り込んでいくために、ベイカレントでは難しいレガシー刷新をどのように推進すべきかを議論し、その要諦をまとめた。前述したヒト・モノ(システム)・カネ・リスクの障壁を越えていくには、目的をもって行動せねばならない。

<レガシー刷新プロジェクトにおける7つの行動指針>

  • リスクインパクトで語る

 レガシー刷新プロジェクトは、業務部門の要求に応えるシステム開発プロジェクトとは一線を画す。刷新はマストなのであり、費用対効果が見合わないからといって避けられるものではない。

 グランドデザインができる人材をアサインし、刷新を先延ばしにするとどんなリスクがあるか、難しい刷新プロジェクトにはどんなリスクがあるかを洗い出すことが重要となる。

  • 本当のコストを見抜く

 刷新は多くのコストがかかるにもかかわらず、費用対効果を説明しづらいことから、コスト削減が迫られることが少なくない。ベンダー側は大きな売上が見込めるため、コンペに勝ち残るべく他社よりも安い金額で提案しようと必死になる。すると、「本来そんな額ではできない」といった金額までチキンレースが始まり、受注後にプロジェクトが炎上するという事態も起きてしまう。誰かが全体俯瞰した目線で、きっちりと必要なコスト全量を見極めなければならない。

  • 隅々まで断捨離する

 現行プログラムを正確に仕様書に落とし込むことは大変重要であるが、すべてのプログラムを対象とすると、現行調査だけで湯水のように工数を垂れ流してしまうことにもなりかねない。ノンコアな業務は現行踏襲にこだわる必要がなければ、なるべく対象外とした方がよい。

 また、システム開発で定義している成果物ラインナップを、すべて揃えるべきかという点にも疑問の余地がある。その成果物が次のフェーズでどう活用されていくのか。特に効果を発揮しない成果物であれば、自社のガイドラインに載っているものであっても無用の長物かもしれない。

  • 成果物の流れを俯瞰する

 大勢の人が参画する刷新プロジェクトにおいて、成果物がどう活用されていくかを整理することが重要だ。

 ムダな成果物をたくさんつくって結局後工程で使われない、という事態を防ぐ効果がある。その成果物が、後工程のどの部分で活用されていくのか、アウトプットの流れを設計しておくのである。

  • ⑤少しずつ確実に積み重ねる

 システム更改には通常、数年間を要するため、複数のステップに分けてリリースしていくケースがほとんどだ。そこには現行業務の都合、プロジェクトを担うIT側の都合が関与するが、何のために刷新するのかという目的観に立って検討することも大切な要素となる。

 デジタル化に対応するために最優先でクラウド化する必要があるサブシステムがあれば、まずはアジャイル型で素早く乗せ換えてしまうというやり方もある。重要なのは刷新したサブシステムが本来の目的を実現することだ。デジタル化で成功した様が社内に広まると、次なる刷新へのモチベーションへとつながる。

  • 戻るべきときは戻る

 刷新は苦難の連続である。経験豊富な手練れを招聘し、万全の計画を練ったとしても、うまく進まないケースはあり得る。仮に基本設計フェーズが計画通りに終わったとしても、詳細設計フェーズに進んで大きな問題が発覚した場合は、思い切って基本設計をやり直すような判断も必要かもしれない。手練れを揃えたプロジェクトであっても、前提を取っ払って俯瞰できる人材は常に置いておいた方が賢明だ。

  • 品質担保する水際対策を設ける

 プロジェクトに想定外のことが起きていないか、品質に問題がある場合に気付けるチェックポイント(最後の砦)を設けておくことが必要だ。フェーズ間のトレーサビリティをチェックする、機能間I/Fのデータは漏れなく徹底的にチェックするなど、担当者の主観によらない第三者的チェックで、問題をしらみつぶしに探ってみるのだ。

 大規模な刷新プロジェクトを成功させるためには、十分な時間とカネ、そして経験豊富な人材が必要となる。しかし、全体を俯瞰し、プロジェクトを一枚岩に仕立てなければ、どこかでひずみが生じる。ここに挙げた7つの行動指針を着実に実行できる体制を取ることは、極めて重要なポイントとなるだろう。

「2025年の崖」を越え、攻めと守りを両立させる3つのフェーズ

 崖を越えるということは、現在「守りのIT」にほとんどのリソースを投入せざるを得ない状況から脱皮し、攻めと守りを両立した状態になるということだ。

 しかし、それを一足飛びに実現することは難しい。まずは足元から一歩ずつ、3つのフェーズに沿って前進していくことがポイントとなる。

 フェーズ1では、守りから攻めに転じていくための準備を行う。攻めのITが動き始めたら、フェーズ2で少しずつ結果を出していく。そして攻めと守りを両立させられるフェーズ3に到達すれば、企業が目指すべきDXに向かってその姿があらわになってくるだろう。

 2025年までまだ時間があると悠長に構えていてはならない。歩み始める時は既に到来しているのだ。

Baycurrent-Digital_Practice02-3

ダウンロードをするにはニュースレターへの登録が必要となります。
お手数ですが下記よりご入力をお願いいたします。
ご登録完了後、ダウンロードが可能になります。

    貴社名必須
    部署名必須
    役職
    お名前必須
    メールアドレス必須
    メールアドレス(確認用)必須
    電話番号

    個人情報の利用目的と取扱いについては
    こちらからご確認下さい。
    プライバシーポリシー

    個人情報の利用目的と取扱いについて

    SHARE