経済圏ビジネス~2020年代のコンシューマー市場に起こるうねり~

 “楽天経済圏”という言葉が聞かれて久しい。楽天は「銀行」「EC」「証券」等、あらゆるサービスの連合体(=経済圏)を創り、消費者の囲い込みに取り組んでいる。今後、2020年代のコンシューマー市場は、このような”経済圏”の時代となると予想する。これまで経済圏と呼ぶことができたのは、実質”楽天経済圏”の1つのみだったが、これからは違う。複数の経済圏が生まれる時代が、もうここまで来ているのだ。

「キャッシュレス決済やQR決済」「スーパーアプリ」「情報銀行」「顧客データ活用」「モバイル」等、デジタル領域のあらゆるキーワードを巻き込みながら経済圏同士の勢力争いは進行する。経済圏の勢力はあまりにも強大であるため、もはやコンシューマー市場で戦う企業で、彼らの動きを無視して事業を展開することはほぼ不可能だ。

本連載では、今コンシューマー市場に一体何が起こっているのか?複雑な”経済圏”とは何か?を体系的に捉える。近い将来のコンシューマー市場に起こる変化を見定め、各企業に求められる戦略・戦術を描くには、欠かせないインプットとなるだろう。

  • TOP
  • Features
  • 経済圏ビジネス~2020年代のコンシューマー市場に起こるうねり~

We use cookies to enable website functionality, understand the performance of our site, and serve more relevant content. We may also place cookies on our and our partners' behalf to help us deliver more targeted ads and assess the performance of these campaigns. For more information, please review our Privacy Policy(Japanese).

当サイトでは、サイト機能の有効化やパフォーマンス測定、関連性の高いコンテンツ表示といった目的でCookieを使用しています。また、メールマガジンを始めとした当サイトによるキャンペーン実施やその効果測定のためにCookieを使用する場合があります。詳しくはプライバシーポリシーをご参照ください。

×