デジタルヘルスケア最前線

日本における、国民皆保険をベースにした医療保険制度は、国民にとって非常に有り難いものだ。1958年に国民健康保険法が制定され、1961年に全国の市町村で国民健康保険事業が始まり、今では誰もが保険証1枚で、どの医療機関でも診療が受けられるという世界にもあまり例のない制度に進化した。

しかしながら、従来の国民皆保険制度は限界を迎えつつある。皆保険制度を維持するために必要なのは、高齢者医療に代表される国庫の医療費負担を減らすことであるのもまた周知の事実だ。

本項では、デジタルヘルスの最前線を追うことを通して、日本の医療制度の将来を考える。

 

記事一覧

We use cookies to enable website functionality, understand the performance of our site, and serve more relevant content. We may also place cookies on our and our partners' behalf to help us deliver more targeted ads and assess the performance of these campaigns. For more information, please review our Privacy Policy(Japanese).

当サイトでは、サイト機能の有効化やパフォーマンス測定、関連性の高いコンテンツ表示といった目的でCookieを使用しています。また、メールマガジンを始めとした当サイトによるキャンペーン実施やその効果測定のためにCookieを使用する場合があります。詳しくはプライバシーポリシーをご参照ください。

×