日本企業のデジタルトランスフォーメーションのあり方

日本企業が自社のデジタル変革を求める理由は、属する業界により千差万別だ。多くの企業が取り組みを始める中、目指しているゴールには違いが出てきている。「既存オペレーション・顧客接点のデジタル化によるコスト効率化を目指す企業」、「次なる一歩として、リアル・デジタルのチャネル融合や外部サービス、人材との融合を図り、顧客の経験価値の向上を目指す企業」、そして「オペレーションだけでなく、ビジネスモデル、オペレーション、IT、組織・人材の全ての要素の見直しによりトランスフォーメーションまで目指す企業」。変革のゴールは、大きくこの3つに分かれている。

多くの企業が、デジタル化によりコスト効率化を目指す「デジタルパッチ」の段階までは進んで来ている。そこから全ての要素を変革する「デジタルトランスフォーメーション」にたどり着くまでには、「自ら既存のビジネスモデルを破壊する」という大きなジャンプが求められる。日本企業が次に目指すのは、一歩ずつ変革の要素を自社に融合していく「デジタルインテグレーション」なのではないか。

  • TOP
  • 日本企業のデジタルトランスフォーメーションのあり方

記事一覧

We use cookies to enable website functionality, understand the performance of our site, and serve more relevant content. We may also place cookies on our and our partners' behalf to help us deliver more targeted ads and assess the performance of these campaigns. For more information, please review our Privacy Policy(Japanese).

当サイトでは、サイト機能の有効化やパフォーマンス測定、関連性の高いコンテンツ表示といった目的でCookieを使用しています。また、メールマガジンを始めとした当サイトによるキャンペーン実施やその効果測定のためにCookieを使用する場合があります。詳しくはプライバシーポリシーをご参照ください。

×