日本企業のデジタルトランスフォーメーションのあり方

日本企業が自社のデジタル変革を求める理由は、属する業界により千差万別だ。多くの企業が取り組みを始める中、目指しているゴールには違いが出てきている。「既存オペレーション・顧客接点のデジタル化によるコスト効率化を目指す企業」、「次なる一歩として、リアル・デジタルのチャネル融合や外部サービス、人材との融合を図り、顧客の経験価値の向上を目指す企業」、そして「オペレーションだけでなく、ビジネスモデル、オペレーション、IT、組織・人材の全ての要素の見直しによりトランスフォーメーションまで目指す企業」。変革のゴールは、大きくこの3つに分かれている。

多くの企業が、デジタル化によりコスト効率化を目指す「デジタルパッチ」の段階までは進んで来ている。そこから全ての要素を変革する「デジタルトランスフォーメーション」にたどり着くまでには、「自ら既存のビジネスモデルを破壊する」という大きなジャンプが求められる。日本企業が次に目指すのは、一歩ずつ変革の要素を自社に融合していく「デジタルインテグレーション」なのではないか。

  • TOP
  • 日本企業のデジタルトランスフォーメーションのあり方

記事一覧