顧客接点でのデジタル活用

デジタルマーケティングにまったく手つかずの企業は、もはや少数である。だがその一方、当初の見込み通りに効果を出している企業もまた少数である。効果を出している企業を見ると、マーケティングでのコミュニケーションの進め方、つまりシナリオを高速で見直していることが分かる。実践を通じて、顧客に対するコミュニケーションの精度を地道に向上しているのだ。高速の見直しを実現できているのは、マネジメント層の掛け声や、現場の担当者の頑張りだけではない。デジタルマーケティングの実行基盤を整備しているからだ。
 
まず、「デジタルマーケティングを通じて実現したいこと」として、全体の戦略が明確になっている。そして、戦略がぶれないように、それを徹底するためのガバナンスの仕組みを導入している。さらに、複雑化するシナリオを実行するべく、「業務運用の自動化を支えるクラウドツールの整備」がされている。最後に、シナリオを修正する際の貴重な検討材料となる「顧客行動データの収集・分析」に時間とお金を使っている。

デジタルマーケティングの高速PDCAを回すためには、それを支える実行基盤を整備することが求められるのだ。 

  • TOP
  • 顧客接点でのデジタル活用

記事一覧

We use cookies to enable website functionality, understand the performance of our site, and serve more relevant content. We may also place cookies on our and our partners' behalf to help us deliver more targeted ads and assess the performance of these campaigns. For more information, please review our Privacy Policy(Japanese).

当サイトでは、サイト機能の有効化やパフォーマンス測定、関連性の高いコンテンツ表示といった目的でCookieを使用しています。また、メールマガジンを始めとした当サイトによるキャンペーン実施やその効果測定のためにCookieを使用する場合があります。詳しくはプライバシーポリシーをご参照ください。

×