イネーブラとしての先進技術

テクノロジーは、CXに並ぶDXの起点の1つである。急速に進化するテクノロジーが、あらゆる局面の変革を促していることはもはや説明不要である。それらの先進技術、およびシリコンバレーに代表される、先進技術が生み出されるテクノロジーの聖地との向き合い方を、各企業は明確にせねばならない。

その上で、各テクノロジーの可能性と限界を見極め、実装の要諦を知る必要がある。テクノロジーの理解がデジタル部門に留まっている状態も問題だ。企業のあらゆる局面がデジタル化するDXにおいては、理想的にはあらゆる人材がテクノロジーの可能性を信じ、また理解している必要がある。デジタル部門の役割はテクノロジーの理解だけでなく、これらの文化の浸透も含まれるのだ。

  • TOP
  • イネーブラとしての先進技術

記事一覧

We use cookies to enable website functionality, understand the performance of our site, and serve more relevant content. We may also place cookies on our and our partners' behalf to help us deliver more targeted ads and assess the performance of these campaigns. For more information, please review our Privacy Policy(Japanese).

当サイトでは、サイト機能の有効化やパフォーマンス測定、関連性の高いコンテンツ表示といった目的でCookieを使用しています。また、メールマガジンを始めとした当サイトによるキャンペーン実施やその効果測定のためにCookieを使用する場合があります。詳しくはプライバシーポリシーをご参照ください。

×