オペレーション・ITの中期的変革

デジタル変革において最も困難な領域の一つに、オペレーション・IT領域がある。これらの効率化にあたり、社内のリソースやノウハウを活用するだけでなく、外部事業者が提供するデジタルツールやプラットフォームを活用するケースも増えてきた。今後は、デジタルツールやプラットフォームの中に、さまざまな効率化のナレッジがユースケースという形で蓄積されていくだろう。

その反面、「従来の効率化と、デジタルによる効率化との違いがわからない」という声もある。従来は、ITを活用して、オペレーションの「自動化」による業務量の削減という効率化を実現してきた。たしかに、デジタルでも「自動化」により効率化を達成していくのだが、そればかりではない。オペレーション・ITの「量」だけでなく「質」も変えていくのがデジタルだ。ITとデジタルの違いとしては、ここに着目すべきだといえる。

「質」を変えるために、「精緻化」や「リアルタイム化」という機能も提供するのがデジタルの特徴である。これらの機能を活用できれば、オペレーション自体の役割もまた変わっていくことになる。オペレーション・ITが、決められたことを行うだけではなく、顧客の反応に合わせてビジネスモデルを見直すことまでやるようになるのだ。

  • TOP
  • オペレーション・ITの中期的変革

記事一覧

We use cookies to enable website functionality, understand the performance of our site, and serve more relevant content. We may also place cookies on our and our partners' behalf to help us deliver more targeted ads and assess the performance of these campaigns. For more information, please review our Privacy Policy(Japanese).

当サイトでは、サイト機能の有効化やパフォーマンス測定、関連性の高いコンテンツ表示といった目的でCookieを使用しています。また、メールマガジンを始めとした当サイトによるキャンペーン実施やその効果測定のためにCookieを使用する場合があります。詳しくはプライバシーポリシーをご参照ください。

×