デジタルと既存ITの融合

 デジタルを活用したイノベーションへの取り組みには「抵抗」との戦いがつきものだ。デジタル化においてとりわけ注視すべきなのが、既存部門との協力体制、そして既存ITにおける準備という2つの要素である。

 例えば、社内で役割や目的の違う組織が複数対峙した場合、各々のベクトルを合わせることが難しくなる。この局面を打破するためには、既存部門を上手に巻き込んでいく必要がある。社内で少しずつ協力者を増やしていくやり方が効果を出しやすい。

 一方、既存ITにおける準備とはすなわち、レガシーを含む社内システムをデジタル化に取り組める状態にしておくことだ。レガシーに手を付けられないような状態では、変革をスムーズに進めることが難しくなる。

  • TOP
  • デジタルと既存ITの融合